×

CATEGORY

HOME»  札幌市のラーメン店【麺屋 菜々兵衛】のコラム»  札幌市で醤油ラーメンやつけ麺を食べるなら【麺屋 菜々兵衛】へ~つけ麺は麺が決め手!~

札幌市で醤油ラーメンやつけ麺を食べるなら【麺屋 菜々兵衛】へ~つけ麺は麺が決め手!~

つけ麺の歴史

つけ麺の歴史

つけ麺の歴史は「東池袋大勝軒」の店主・山岸一雄さんが修行時代に目にしたまかないに始まります。修業時代の先輩職人たちはラーメンを作る際、ざるに残った少量の麺を集めておき、湯飲みにタレや出汁などを入れて麺つゆのようにして、麺をくぐらせて食べていたそうです。

独立後、このまかないがお客様の興味を引き、研究や改良を経てメニューに加わりました。初期のメニューでは「つけ麺」ではなく「特製もりそば」だったそうです。

おいしいと評判になった「特製もりそば」の製法を山岸さんが広く伝授し、全国に「山岸チルドレン」が広がりました。「大勝軒」と店主・山岸一雄さんはつけ麺の元祖として有名です。

つけ麺の決め手は麺

つけ麺の決め手は麺

つけ麺の魅力は何といっても、麺そのもののおいしさを味わえるところです。日本では一般的に素材そのものの味や風味を活かす料理が人気です。これは、蕎麦やうどんなどの麺料理にも当てはまります。

つけ麺ではどちらかというと濃厚なつけ汁が好まれ、麺は太い縮れ麺が主流です。つけ麺で太い縮れ麺が好まれるのは、小麦の味と香りをしっかり楽しめること、つけ汁が絡みやすくなることが理由です。蕎麦の食べ方とは異なる方向へ進化したつけ麺ですが、おいしい食べ方を楽しむという点では同じといえます。

札幌市醤油ラーメンやつけ麺を提供する【麺屋 菜々兵衛】では、こだわりがギュッと詰まったラーメン作りに取り組んでおります。おいしいラーメンを食べたいとお考えの際はぜひご利用ください。

札幌市で醤油ラーメンやつけ麺を提供する【麺屋 菜々兵衛】~こだわりの自家製麺だからおいしい~

札幌市の【麺屋 菜々兵衛】では、北海道産小麦を使用した自家製麺にこだわったおいしい麺を追求しております。質の良いラーメン向きの北海道産小麦を毎朝手打ちし、つけ麺のつけ汁は鶏白湯スープをベースに、魚介醤油味に仕上げました。

鶏白湯スープは鶏の骨から溶け出した、とろとろのコラーゲンがたっぷりです。濃厚な鶏の出汁と魚介の旨味が自家製の太麺によく絡みます。つけ汁には食感が柔らかい穂先メンマ、たっぷりのネギがついてボリュームもたっぷりの一品です。

また、醤油ラーメンも深いコクのあるスープに合う麺を使用しております。醤油ラーメンといえばあっさりしていて、味噌ラーメンなどに比べるとあまり麺に絡むイメージがありません。しかし、札幌市の【麺屋 菜々兵衛】が提供する醤油ラーメンは、それぞれのスープに合う麺を手打ちで仕上げた自家製麺によって、よく絡み合うのが特徴です。

札幌市で醤油ラーメンがおいしいお店をお探しなら【麺屋 菜々兵衛】へ

店舗名 麺屋 菜々兵衛
会社名 株式会社菜鶴
代表 堀 寛
住所 〒003-0863 北海道札幌市白石区川下3条4丁目3-21
電話番号 011-873-8860
メールアドレス info@nanabe.jp
営業時間 【昼】11:00~15:00、【夜】18:00~21:00
※土曜日・日曜日・祝日は昼のみ営業
定休日 年中無休
席数 24席(カウンター6席、小上がり6人用×3卓)
駐車場 あり(最大5台)
URL http://www.nanabe.jp

CONTENTS

CATEGORY